10月31日 睡眠

朝食はここ。
紹介し過ぎちゃって、もうネタにもなりませんね。
しかし320円でこれは止められないですよ。
161031_01.jpg


睡眠やいびきについて悩んでいる私。
先日はいびき対策グッズを買った話を書きましたが、(これ←クリック)
実はそれよりも前に睡眠対策として買っていたものがあります。
161031_02.jpg


置くだけで眠りが計れるという睡眠計。
身体の動きを感じ取り、「寝ている」「起きている」を判断して睡眠を診断してくれます。
けっこうデカイです。
161031_03.jpg


寝る前にボタンを押し、起きたらボタンを押す、というだけのもの。
データをUSBケーブルでパソコンに送ると、グラフが表示されます。
(※加工して複数のグラフを組み合わせています。)
161031_04.jpg


一番上は寝つき時間。
人がボタンを押した後に機械が「寝た」と判断するまでの時間です。
これを見ると10分間はもぞもぞしていたようです。

真ん中は睡眠時間とぐっすり時間。
この機械でいう睡眠時間は、人がボタンを夜に押してから朝に押すまでの時間のようです。
ですので寝る前に押した後にスマホをいじったら寝つき時間が悪くなり、
朝も起きたけど押さずに何となく動いていると、それも睡眠時間に含まれます。

ぐっすり時間は機械が寝ている(じっとしている)と判断した時間。
6時間半も寝たのに、ぐっすり時間は1時間20分。
けっこうショックでした。
しかし他の人がどうなのか検索しても分からず、これが良いのか悪いのかが分かりません。

一番下はぐっすりレベル。
これを見ると3時前には機械が「起きている」と判断するくらいに、動いてたことになります。
私の中では一度も起きた感じは無いのになぁ。


とにかく1日だけでは分かりません。
次の日。
8時間44分もベッドに居たのに、ぐっすりは2時間。
161031_05.jpg
うーん・・・


ずっとこんな感じが続きます。
そして一番ひどかったのがこれ。
5時間半の睡眠の中で、ぐっすり寝たのは50分(´_`)
161031_06.jpg


これはイカンと思い、先日書いたいびき対策に繋がります。
それが届きましたよ。
161031_07.jpg


鼻に入れて穴を無理やり広げる道具です。
161031_08.jpg


けっこう広げます。
ずっと使っていたら鼻の穴が大きくなってしまうだろうと心配になるくらい。
しかし・・・
161031_09.jpg


すげえええ。
半分以上がぐっすり時間となりました。
翌日も。
161031_10.jpg


けっこう使えるかもしれません。
でも絶対にデカっ鼻なりますね(´_`)


スポンサーサイト