8月9日 激辛

昨日は床で寝てしまうくらい酔っ払っていました。
目が覚めたら身体が痛い痛い。
ブログも更新出来なくてすみません。




京都にある激辛商店街の一角にあるお店を再訪。
160808_01.jpg


3月に訪れていましたが、右下に書いてあるように、
一見さんはレベル3までしか食べられないようで。
160808_03.jpg


レベル3を完食して頂いたのがこれ。(前回←クリック)
挑戦権とともに餃子もサービスのようです。
160307_11.jpg


これを見せると「4以上ならお好きな辛さで作りますよ」とウェイトレスの方。
そこで味噌ラーメンの7辛を注文。
しかし厨房のおじさんが「ラーメンは5辛か10辛!!」と叫んでいました。
悩んだ末に10辛を注文。
どれくらい辛いんやろ・・・


前回の特典の餃子が運ばれてきました。
160808_04.jpg
うーん。
餃子の○○と謳っているこのお店なのにこれは・・・
激辛にシフトし過ぎて餃子の手を抜いているのではないかと(´_`)


そして10辛の登場。
160808_05.jpg


どす黒いスープ。
ヤバイ、これは辛い。
160808_06.jpg


具だくさんです。
160808_07.jpg


激辛は麺にも絡みまくり。
めちゃめちゃ辛かったー。
たぶん私が生きた40年間で食べた中で一番辛いと思います。
160808_08.jpg


「良薬口に苦し」という言葉もありますが、
基本的には苦い・不味い・臭い・辛いは、これが体内に入ったら危険だと本能が判断したものです。
「やめてー。食べないでー」と身体から警告シグナルが出ているのに、
それを好んで食べるなんて、おかしいですよね。


さらにスープの熱さも加わり、舌が燃え上がるような感覚に。
汗と涙と鼻水が噴き出しましたよ。
身体に悪いものを無理して食べて何が楽しいのでしょうか。
アホやで。



















ごちそうさま。
160808_09.jpg


新たな券を頂きました。
160808_10.jpg


でももう無理やあ。
15辛・20辛のメニューがある中、10辛でこれですもんね。
「激辛好き」と今後は言えません。
「辛いのが好き」レベルですね。


ボスがお気に入りだったお土産も買っておきましたよ。
160808_11.jpg


興味のある方は行ってみてくださいね。
いきなり10辛・15辛に挑戦したい方、私の頂いた認定証をお貸ししますのでコメントをください。
デスチャーハン気になるわあ。
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :