6月20日 値上げ

今日は悲しいお知らせがあります。


先日、お昼ご飯を食べに向かったこのお店。
160620_01.jpg


出石と但東の間にあります。
ワンコイン丼がとても美味しくてしかもボリュームたっぷりの印象だったのですが・・・
160620_02.jpg


調べてみると、前回訪れたのは今年の1月で。
160115_02.jpg
ワンコインちゃうやん(´_`)
値上げしていました。


店内です。
160620_03.jpg


反対側から。
160620_04.jpg


メニューもうま~く替えられていました。
160620_05.jpg


それでも運ばれてきたものは立派の一言。
ボリュームたっぷりです。
160620_06.jpg


とろっとろの卵を見るだけで食欲MAX。
160620_07.jpg


小鉢は3品、そして香の物も付いています。
160620_08.jpg


カツの厚さも十分にあります。
美味しいに決まってる!!
160620_09.jpg


堪能いたしました。
興味のある方は行ってみてくださいね。
160620_10.jpg


このあとはうだうだと書いています。
文章が苦手な方はスルーで。


以前読んだ、こんな記事を思い出しました。
元はこれ。(お店が無くなる理由←クリック。途中から有料です。)
その記事に関してもう少し踏み込んだのがこれ。(予約が取れないお店が3年で潰れた理由←クリック)


要約すると、閉店してしまったお店に対して、客は「良いお店だったのに残念だなあ」と思う。
でも経営者からしたら「あなたがもっと通ってくれたなら、まだ続けられたのに」と思う。
この差なんですよね。


私にとってこのお店は「ワインコインでボリューム満点」のお店でした。
しかし前回の訪問は1月。
つまり私は「良いお店だ」と思っていても、半年に1回しか通っていなかった訳です。
年に2回訪れ、年に1000円しか使わないのに「値上げして残念」とか言っちゃっているわけです。


お店側からしたら、私みたいな人が毎週通ってくれたら500円で続けられたのに、と思っていることでしょう。
「良いお店」だと言われても、通う人が少ないから600円に値上げせざるを得なかったのです。
長々と書いてすみません。
経営って難しいですよねえ・・・




スポンサーサイト