10月3日 電話帳

先日、生野のお祭りで古い電話帳を見た話を書きました。(これ←クリック)
それがとても気になって、もっといろんな地域のページが見たくなり、再びそこに行ってみました。
141003_01.jpg


お店に入り趣旨を説明すると、持ち出してコピーはダメだけど写真を撮るなら良いですよ、とのこと。
何枚か撮らせて頂いたので興味のある方は見てください。
まずは前にも載せましたが和田山。
141003_02.jpg


次のページ。
141003_03.jpg


梁瀬です。
141003_04.jpg


次のページ。
141003_05.jpg


竹田です。
1ページ目は少し穴が開いていました(´_`)
141003_06.jpg


次のページ。
城下町だったり家具屋が多かったりで人が多いかと思いきや、そんなことないですね。
141003_07.jpg


大蔵は半ページだけ。
141003_08.jpg


養父もこれだけ。
141003_09.jpg


お店の方曰く、この頃(昭和10年)は和田山よりも生野の方が栄えていたそうで、
電話帳も生野は多かったです。
見ていると香住も多かったかな。
なかなか面白いですね。


また、前回書いた朝来銀行の話。
電話帳に和田山支店、竹田支店、中川支店、宮田支店という文字が見られる中
梁瀬には朝来銀行としかありません。
朝来銀行は梁瀬が発祥だったのでしょうか。


そんな銀行の変遷を描いた図がやっと完成しました。
字が汚くてスミマセン・・・
141003_10.jpg


但馬の村々にあった銀行たちは全但銀行に集約され、神戸銀行を経て三井住友銀行になっています。
そして今、但馬中にはびこっている但馬銀行は香住発祥という事実。
やっぱり歴史は面白い。


他にもこの地域のページが見たいという方や、昔の思い出やうんちくのある方、
コメント欄を開けますのでいろいろ書いてくださいね。
もっと深い話が知りたいです。
スポンサーサイト

この記事へのコメント:

管理人のみ通知 :