10月26日 道

3つまとめて書きました。
いつもいつもすみません。




いちょうの葉の色が変わってきましたね。
121026_01.jpg




糸井渓谷にドライブに行きました。
こんな道を延々と走り続けます。
121026_02.jpg


ここは大カツラの樹が有名です。
先客がおられるようですが、クマの捕獲情報もあるこの地区で山の中を歩く気にはなれません。
121026_03.jpg


私の今回の目的はこれ。
121026_04.jpg
「新しい道が出来てたよ」と教えられたのでドライブに来たのです。


道は綺麗に舗装されていましたが、山から落ちてきた石が至る所に転がり走りにくかったです。
山頂付近で「ここから豊岡市」の看板。
121026_05.jpg


その先には展望台がありました。
121026_06.jpg


記念碑。
121026_07.jpg


裏側にはこんな文字が。
121026_08.jpg
完成は平成19年とありますね。
期間を計算すると約30年も作り続けていたことになります。
しかも朝来と豊岡を結ぶ道路なのに、豊岡はお金を出していないようです。


茶すりん「ねぇねぇ、僕んちと玄さんちを結ぶ道を作ろうよ」
玄さん「要らんやろ?」
茶すりん「はばたんもお金を出してくれるよ。ねぇ作ろうよ」
玄さん「そんな道、要らんって。作りたいなら勝手にやったらええやん」
という感じでしょうか。


眼下に広がるのは但東町の景色。
121026_09.jpg
夜久野から但東に抜ける周辺だと思われます。


さらに進むと玄さんが金を出していないのが如実に分かることが。
121026_10.jpg
なんとこの道、玄さん側は全く舗装されていないのです(´_`)
道を作ることを拒否された茶すりんの嫌がらせでしょうか。
これはひどい。


しばらく走りましたが、あまりの道のガタガタさにタイヤが心配になり引き返しました。
反対側に辿り着けなければ道としての意味を成していないと思います。
これに27億円かぁ、茶すりん何やってんねん・・・




帰りにドングリがたくさん落ちている場所を見付けたので、拾ってみました。
121026_11.jpg


無残な猫型ロボット。
121026_12.jpg
悲し過ぎます。


スポンサーサイト

10月11日 登山

8月に茶すり山古墳からこんな景色が見えたと、下の写真を紹介しました(これ←クリック)。
戦隊物のヒーローの秘密基地みたいですね。
120822_10.jpg


調べてみるとこれは粟鹿山にある電波塔で、山頂まで道路が舗装されているようです。
ただ、途中からは車で入れないように柵があるのだとか。
それでも上まで道が整備されているのなら、行ってみるしかありません。


「粟鹿」という地名は朝来市山東町ですが、舗装道路は丹波市青垣町から延びている模様。
これは山東から見た粟鹿山。
121011_01.jpg 121011_02.jpg


いくら舗装されているとはいえ、山には変わりありません。
最近はクマの目撃情報も多く、100均で大きな鈴2個と首から掛けられるストラップを買いました。
121011_03.jpg


そんな不安をあおるかのように、道の途中にはこんな場所。
開けたら???
121011_04.jpg 121011_05.jpg


よく分かりませんが「開けたら閉めろ」と勝手に解釈。
開けて車で中に入り、閉めておきました。
121011_06.jpg


進むこと数分、ついに車での行き止まりに着きました。
ここからは歩いていくしかありません。
121011_07.jpg


こんな道をひたすら登り続けます。
121011_08.jpg


しかし、私の予想に反して歩けども歩けども、頂上に辿り着けません。
「どんな景色が見られるのだろう」「頂上の基地はどうなっているのだろう」という希望が、
「なぜ私はこんな事をしているのだろう」「いつになったら終わるのだろう」という絶望に変わりました。
こんな事をしようとした自分にイライラする始末。


40分ほど歩いたでしょうか。
ついにこんな看板が。
ばんざーい、ばんざーい。
121011_09.jpg


さっそく行ってみましたよ。
121011_10.jpg


しかし展望台とは名ばかりで・・・
121011_11.jpg 121011_12.jpg
どっちを向いても草まみれ。
イライラが増強するだけでした。
余計に疲れたし。


まだまだ歩き続けます。
ススキが群生している場所がありました。
ちょっと癒される。
121011_13.jpg


展望台から歩くこと20分。
ついに頂上に来たかも。
121011_14.jpg


しかし喜びは全然ありません。
それよりも「やっと終われる」という安堵感。
あんなに見たかった景色なのに、嬉しくないのです。
121011_15.jpg


粟賀山から見えるのがこれ。
普段は無駄にたくさん写真を撮る私ですが、今回は4枚しか撮っていませんでした。
それくらい疲弊し切っていたのでしょう。
121011_16.jpg


上から見えた竹田城と茶すり山古墳。
私のカメラだと、これが限界です。
121011_17.jpg 121011_18.jpg


ここで下界を見下ろしながら食べるご飯は美味しかろう、と持ってきたおにぎり。
景色の爽快さよりも帰り道の憂鬱さの方が勝ってしまい、
楽しくも美味しくもない食事となってしまいました。
121011_19.jpg


二度と行かん(´_`)